いろいろな思いを持って、最終戦へ!

 

色々なバックグランドを持つ選手・チア、そして今期最終戦に特別な思いを持って臨む者もいるでしょう。私は最近、愚息の体育会引退という節目を目にし、改めてスポーツをやらせたことを良かったと思えました。また、その機会に、チームメートとしてチームスタッフとして関わってくれていた方々への感謝の念を強く感じる事が出来ました。また、自分自身がプレーヤーであった時や、引退した時の思いを思い出し、実に不思議な高揚感を再び感じる事が出来ました。思い出は、数年後に噛みしめるモノかもしれませんが、全力で鍛え、楽しんだ事は最高の思い出として残ります。これまでも選手・チアは、高校・大学の素晴らしい経験・思い出を持っていますが、選手・チームが毎年の様に変わる社会人のクラブチームでの体験は、また違ったモノです。このチームで最後になる試合。同じ日は二度と来ません。最高の「瞬間」になる様に、選手・チアは全力で準備し、最高の試合をお魅せします。ぜひ、そんな選手・チアの「必死」を直に観戦頂ければ嬉しいです。

 

今期最終戦、vs. AFCクレーンズ が今週末12月9日(日)10:30キックオフ。選手・チア関係者・ご家族の皆様、チームOB/OGの皆様、ソニー戦士・チアの躍動をぜひこの目でご覧ください。場所は、アミノバイタルフィールド(飛田給)、冬空の下必ずやプレーや応援で皆さんに感動体験をお届けします!

 

チームご招待チケット(無料)もご用意していますので、ご連絡ください!

 

ソニーソリッドステイトOB/部長

山本太郎

やっぱりWRも注目!!

最終節12月9日のクレーンズ戦に向けてDB陣の紹介をしましたが、SolidstateのWR陣も注目しないといけないです!!

個性豊かなメンバーの中でも、シュアなキャッチをしているのが#10の河村選手、#81の中村選手です。

 

第3戦のブルーサンダース戦では、

#10河村   6回 43yds,

#88鈴木   3回 38yds,

#81中村   3回 23yds

#89中村彰考 1回 3yds

 

第4戦のハーバーズ戦では、

#81中村   7回 84yds

#15鈴木   3回 46yds,

#10河村   3回 41yds,

#5 中西   1回 18yds

#88鈴木   1回 7yds,

 

ここ2試合のキャッチを実際に見た人は、凄さが分ると思います。

加えて、#15鈴木涼介選手、#88の鈴木誠人選手と、#5の中西選手もLong Gainを奪っています。

#89中村彰考選手、#49神谷選手には最終戦でBIG CATCHをして欲しいところです。

みなさん、WR陣の華麗なキャッチに注目!!

応援よろしくお願いします!!

 

2018年12月9日の最終戦!DBの活躍に注目!!

皆さん、SolidstateのStaffブログの更新が滞っておりすみません。ほぼ1年ぶりですね。しかし、そんなStaffブログの停滞をよそに、選手の皆さんは進化をとげています。12月9日の日曜日10:30は、クレーンズとの試合です!!進化した選手の姿がみれると思います。

 

とくにDBユニットの#31 小林理人選手と#33 金子龍也選手の二人に注目!!!

これまでチームにビッグモメンタムをもたらしてきた#24 藤村選手、#25 初川選手、#29 松本選手らを凌駕する、すばらしい活躍をこの秋シーズンに見せております。DBユニットの選手達に、ぜひ、熱い応援をお願いします!!

 

ちなみに、#20の新井選手はいつもどおり活躍すると思います。しかし、体が硬い。

仕事の都合上、飲み会でもアルコールフリーです。プライベートも硬いです。そこは同じ。

 


 

9/23 開幕二連勝

9月23日(土) ハリケーンズ戦 13:30キックオフ 観客数237人

大井第二球技場 晴れ 肌寒さを感じる雨上がりの風

 

  

 

#24藤村智苗のキックオフ、#49神谷紘祥のタックルから集まりよくリターンを許さず

 

 

守備)第1シリーズ 敵陣28ヤードから

中央のランを二度押さえ、3rd downの攻撃は #91南波啓太のプレッシャーによりパスを投げ捨て

させ、フレッシュを与えずパントに追い込む

 

攻撃)第1シリーズ 自陣12ヤードから

#1黒坂晃一朗が中央突破により、フレッシュ獲得

#6水田一希が中央を連続して突き、フレッシュ獲得

#19山本祐太がフックからのレシーブ後、二人のタックルをかわしサイドライン際を駆け上がり、

31ヤードゲイン

その後、攻めあぐねパント パンターは帰ってきた男 #2坂口進哉

 

守備)第2シリーズ 敵陣13ヤードから

オプションQBキープを、#44渋沢康と #11下田健史が角度よくチェイス、#2坂口進哉が仕留め、

6ヤードのロスタックル

エンドゾーンからパスを試みるQBを、#50今井崇人、#90上野義広、#8市田大登が追い詰め、

パスを投げ捨てさせる

 

エンドゾーン内から蹴られたパントを #33上窪悠生がタックルを連続してかわし、#2坂口進哉と

#20新井裕のブロックに守られ、54ヤードのリターンTD! (ハリケーンズ0 – ソニー7)

 

 

#24藤村智苗のキックオフ、#17寺床聡一郎、#20新井裕、#25初川浩之が前進を許さない

 

守備)第3シリーズ 敵陣29ヤードから

中央を3連続で突かれフレッシュを許すも、#93高橋湧斗のQBサック 9ヤードロス

#23吉多祐亮によるロスタックル再び

 

 

第2クオーター

攻撃)第2シリーズ 自陣19ヤードから

#9小田維人からハンドオフを受けた #6水田一希がスクリメージラインを抜けオープンへ加速

23ヤードゲイン

 

#19山本祐太へのパスでフレッシュ

#4松崎祥大の中央、スィープでフレッシュ

 

#1黒坂晃一朗が中央を抜けチェンジオブペースでフレッシュ

#9小田維人が#1黒坂晃一朗へのハンドオフフェイクからネイキッド、#21今村優一のダンブロを

盾にゴール前2ヤードまで前進

#1黒坂晃一朗が中央を突きTD! (ハリケーンズ0 – ソニー14)

  

 

#24藤村智苗のキックオフ、#49神谷紘祥のタックルから集まりよくリターンを許さず

 

守備)第4シリーズ 敵陣30ヤードから

右へ左へのオプションキープを #44渋沢康が仕留め、中央ランを #45田代真司が押さえる

  

 

攻撃)第3シリーズ 自陣33ヤードから 残り時間 5:52 

ショートパスを通すが、フレッシュ獲得ならずパントに追い込まれる、が、

パントリターナーの手に触れ転がるボールを、#99山崎将志がリカバー!

 

攻撃)第4シリーズ 敵陣15ヤードから

#1黒坂晃一朗のQBドロー、#9小田維人のオプションQBキープで前進し、残り2ヤードを

#3山口洋志が軽やかにTDレシーブ! (ハリケーンズ0 – ソニー20)

 

 

 

#24藤村智苗のキックオフ、#19山本祐太、#45田代真司が前進を許さず

 

守備)第5シリーズ 敵陣35ヤードから ビッグプレーが生まれる!

スクリーンを狙うQBに #93高橋湧斗が野獣の如く襲いかかる

 

右フラットへのパスを受ける RBに、#25初川浩之が閃光の如く距離を詰めハードヒット一撃!

初戦に続くファンブルフォース!

 

勢いよく飛び出したフリーボールを、静かに燃える山 #70畠山涼が拾い上げ、走る! 走る!

山が走る! (リーブロ4人を置き去りにカットを切る!)

  

 

攻撃)第5シリーズ 敵陣16ヤードから 残り時間 1:38

時間をマネージし、残り時間5秒からフィールドゴールを狙うが、ブロックされ前半終了

 

<後半>

#17寺床聡一郎の20ヤードKOリターン

 

 

攻撃)第1シリーズ 敵陣42ヤードから

#1黒坂晃一朗3連続でフレッシュ

#1黒坂晃一朗から #9小田維人へのパスでフレッシュ

 

 

#33上窪悠生のオフタックル、#1黒坂晃一朗の中央、#33上窪悠生の中央でフレッシュ

その後、攻めあぐね、Ball on 敵陣23ヤード からギャンブルを試みるも失敗し、攻守交替

 

守備)第1シリーズ 敵陣23ヤードから

静かの燃える山 #70畠山涼のロスタックル

タッシーこと #45田代真司と イチターこと #8市田大登によるロスタックル

 

 

攻撃)第2シリーズ 敵陣47ヤードから

#19山本祐太へのパス、#6水田一希のランでフレッシュ

#21今村優一へのパスでフレッシュ

 

#6水田一希のドロープレー、#17寺床聡一郎と #21今村優一の完璧なブロックを受け、左サイドを

駆け上がり、13ヤードゲイン

#9小田維人から #1黒坂晃一朗へのパスでTD! (ハリケーンズ0 – ソニー26)

 

守備)第2シリーズ 29ヤードから

#44渋沢康、#91南波啓太のロスタックルできっちり抑える

 

 

攻撃)第3シリーズ 自陣45ヤードから

Solidstate精神的支柱の一人 #12須田次郎が登場

 

#21今村優一へのパス、#4松崎祥大のランでフレッシュ獲得

4th downギャンブルを仕掛けるが、QBサックに会い攻守交替

 

 

守備)第3シリーズ 自陣45ヤードから

22ヤードのパスを通されフレッシュを与えるが、4th downギャンブルを #45田代真司が止め、

攻撃権を奪い返す

 

 

攻撃)第4シリーズ 自陣25ヤードから

遠距離通学者 #18新木勇哉が登場

自陣深くでインターセプトを喰らってしまう

 

 

守備)第4シリーズ 自陣27ヤードから

RBに12ヤード走られ、あっさりゴール前15ヤードに迫られる

右へ流れヒッチを受けたRBから、ドフリーのWRへ綺麗にフリーフリッカーを決められる

(ハリケーンズ7 – ソニー26)

 

 

残り時間 5:00 オンサイドキックを #49神谷紘祥が丁寧に押さえる

 

攻撃)第5シリーズ 敵陣49ヤードから

遠距離通勤者 #18新木勇哉のパスが冴える

#21今村優一へ8ヤード、#49神谷紘祥へ7ヤード、再び #21今村優一へ18ヤード、#33上窪悠生へ

10ヤードを立て続けに決め、ゴール前6ヤード

が、QBサックを受け、ゴール前13ヤードからFGトライ → 失敗で攻守交替

 

 

守備)第5シリーズ 敵陣20ヤードから 残り時間 2:04

ハリケーンズQB #8から投じられたロングパスを #31柏木優希がインターセプト!

41ヤードのリターン!

 

 

攻撃)第6シリーズ 敵陣30ヤードから 残り時間 1:53

#12須田次郎のハンドオフを受けた #6水田一希が30ヤードを走り切りTD!

(ハリケーンズ7 – ソニー32)

 

 

#24藤村智苗のキックオフ

 

守備)第6シリーズ 敵陣27ヤードから 残り時間 1:38

ハリケーンズQB #8からWR #3へのパスが連続して通るが、#29松本拓也が引導を渡す

インターセプト!

 

攻撃)第7シリーズ 敵陣47ヤードから 残り時間 0:18

#12須田次郎が試合を締めくくる (ハリケーンズ7 – ソニー32)

 

TEAM

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

Sony Solidstate

7

13

6

6

32

Hurricanes

0

0

0

7

7

 

 

 

――――――――――――― Sony Solidstate 主将 駒村光洋 ―――――――――――――  

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment