6/11 Spring Bowl 決勝 「完敗」 

611日(日) 電通クラブキャタピラーズ戦 

富士通スタジアム川崎 曇り 来場者数402人 

 

ソニー#13工藤貴大のキックオフで試合開始 

 

守備)第1シリーズ 敵陣26ヤードから 

フレッシュを許さずパント 

 

攻撃)第1シリーズ 自陣38ヤードから 

ソニーもフレッシュをとれずパント 

これを電通#33にブロックされ、自陣深くからの攻撃権を電通に与えてしまう 

 

守備)第2シリーズ 自陣23ヤードから 

中央のランとショートパスにより自陣4ヤードまで迫られるが、FG3点に抑える 

(電通3 - ソニー0) 

 

攻撃)第2シリーズ 自陣13ヤードから 

フレッシュをとれず再びパント 

 

守備)第3シリーズ 敵陣39ヤードから 

電通#34のドロー、#87へのヒッチでフレッシュを二度更新されるも、

自陣15ヤードからのパスを#45田代真司がカットし、再びFG3点に抑える 

(電通6 - ソニー0) 

 

攻撃)第3シリーズ 

電通#20のキックオフを自陣4ヤードで受けた#6水田一希が、#33上窪悠生、

#99中西正則、#23吉多祐亮、#45田代真司らのブロックを盾に、47ヤードのリターン 

しかし、フレッシュを奪えずパント 

 

守備)第4シリーズ 敵陣13ヤードから 

電通#8から#12へのサイドライン際を上がる35ヤードのパスなどで自陣46ヤードまで

進まれるも、中央のランを#71松本泰旭が止め、パントに追い込む 

 

攻撃)第4シリーズ 自陣4ヤードから 

2Q残り638、厳しいボールポジションから、#6水田一希、#4松崎祥大の中央ラン

#1黒坂晃一朗のオプションキープとドロー、#9小田維人から#16松本幸樹へのプレー

アクションパスで、フレッシュを五度、時間を使いながら更新し84ヤードのドライブ

を展開するもTDを獲り切れず、敵陣12ヤードから#13工藤貴大のFGで前半終了 

(電通6 - ソニー3) 

 

後半 

攻撃)第1リーズ 自陣25ヤードから 

フレッシュをとれずパント 

 

守備)第1シリーズ 敵陣30ヤードから 

電通#4へのヒッチ、#9の中央、#87へのヒッチ、#12へのパスなどで連続して

フレッシュを獲られ、最後は自陣2ヤードから#43に中央を抜かれTDを許す 

(電通13 - ソニー3) 

 

攻撃)第2シリーズ 自陣18ヤードから 

#1黒坂晃一朗のスクランブルで前進するも、自陣31ヤードからのスナップ後逸を

電通に押さえられ、自陣15ヤードで攻守交替 

 

守備)第2シリーズ 自陣15ヤードから 

電通#8から#87へのポストパターンでTD 

(電通20 - ソニー3) 

 

攻撃)第3シリーズ 自陣27ヤードから 

フレッシュを奪えず、パント体型からオプションプレーを展開するも、#11下田健史

から#2坂口進哉へのピッチが後ろにそれ、エンドゾーンに転がるボールを電通に

押さえられ、TDを献上する 

(電通27 - ソニー3) 

 

攻撃)第4シリーズ 自陣21ヤードから 

#9小田維人から#19山本祐太へのパスを電通にインターセプトされ、攻守交替 

 

守備)第3シリーズ 自陣19ヤードから 

苦しいボールポジションからの守備が続く 

電通#12へのショートパス、#3の中央ランで進まれ、#49の中央ランでTDを奪われる 

(電通34 - ソニー3) 

 

攻撃)第5シリーズ 

#33上窪悠生が自陣40ヤードまでリターン 

#1黒坂晃一朗がQBドローで37ヤードゲインするも、敵陣23ヤードで#1黒坂晃一朗

から#17寺床聡一郎へ投げたパスを電通#14がはじき#20がインターセプト、攻守交替 

 

守備)第4シリーズ 敵陣25ヤードから 

フレッシュを許さずパント 

 

攻撃)第6シリーズ 残り時間415 

敵陣40ヤード、#1黒坂晃一朗ロールアウト#19山本祐太へのパスで15ヤードゲイン 

敵陣25ヤード、オプションピッチを受けた#4松崎祥大が12ヤードゲイン 

敵陣3ヤード、#1黒坂晃一朗のオプションキープでTD 

(電通34 - ソニー9) 

 

守備)第5シリーズ 残り時間216 

オンサイドキックは電通に押さえられるが、#71松本泰旭、#8山崎将志のタックルで

フレッシュを許さずパント 

 

攻撃)第7シリーズ 残り時間105 

自陣20ヤードから、#1黒坂晃一朗のキープ、#99中西正則へのパス、#6水田一希への

パス、#19山本祐太のリバースで、敵陣12ヤードに迫る 

残り時間4秒、#1黒坂晃一朗から#21今村優一へのパスは通らず、試合終了 

(電通34 - ソニー9) 

 

 

 

 

   完敗。

 

 

 

 

TEAM

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

Sony Solidstate

0

3

0

6

9

電通クラブキャタピラーズ

3

3

21

7

34

 

 

 

多くの皆様のご来場、ご観戦、ご声援、誠に有難うございました。

秋のシーズンは99日(土)に開幕します。

1123日(祝)の最終戦まで、改めて優勝を目指します。

今後とも、変わらぬ応援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment